Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがん細胞2

スポンサードリンク

フコイダンとがん細胞2

フコイダンが、がんという異常細胞にどのようにして立ち向かうか?
まず、もっとも特筆される作用としてアポトーシス誘導作用という作用があります。
この作用は、細胞が死なないという暴走したプログラムに直接作用し、自滅させるよう誘導する作用を刺します。
フコイダンは、がん細胞の狂ったプログラムを正常細胞のように、自壊する方向へ導く作用を持っているのです。

フコイダンのアポトーシス誘導作用は、正常な細胞には影響せずに、がん細胞にのみ作用するという特性が認められようです。そのため副作用がおきにくいとされています。また、ガン細胞は異常に成長するため正常細胞の5倍もの糖質を吸収する性質を持ち合わせています。
フコイダンの分子構造は「多糖類」です。このため、ガン細胞に吸収される率が、正常細胞よりとても高いという情報もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん細胞1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん細胞3  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。