Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと東洋医学

スポンサードリンク

フコイダンと東洋医学

フコイダンから少し外れますが、東洋医学には「元々人間の体内に無ければならない、不足している必要な栄養素を大量に摂取すると、体内での生理作用から薬理作用効果に変化し、病気が治る」という考え方があります。
西洋医学でも、体の様々な機能と働きを調べるうちに、細菌やウイルスと関係のない病気は、「代謝異常」が原因である事を発見しました。
つまり、健康な状態とは違った体の状態であるということです。

そして、このような「代謝異常」の場合、多くは正しい食生活と不足している栄養を適切に補給することで、
病気は治すことが出来るということがわかりました。
しかし、この考え方は古くから東洋医学で説かれてきたことであり、特に日本人にとって目新しいことではありません。
日本人は、古来よりフコイダンのことは何も知らずに、もずくや昆布を食べて暮らしてきました。それは、別段ふつうのことでした。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん細胞4  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果測定実験1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。