Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの効果測定実験2

スポンサードリンク

フコイダンの効果測定実験2

がん細胞は、急激に大きくなる際に新生血管といわれる、がん細胞に栄養を引き込むための血管を作り出します。
ところがこの新生血管をがん細胞が勝手に作り出したときに、フコイダンを投与すると、フコイダンは新生血管の生成を妨害する作用が働きます。
そのためがん細胞が増えたり転移するのを防いでいることが確認されています。
ある実験結果では、マウスにがん細胞を移植し、21日間フコイダンを1日1回飲ませ、一週間ごとにがん細胞の重量を測定しました。比較対照するため、同条件で飼われてフコイダンを飲ませなかったマウスも用意しました。
そこででた結果は、14日語には大きな差が見られるようになり、21日後にはフコイダンなしのマウスの腫瘍が5.6gに増えたことに対し、フコイダンを飲ませたマウスの腫瘍は1.9gの増殖にとどまったそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果測定実験1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。