Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンと免疫力

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力

フコイダンには、免疫活性化作用が認められます。他にもアガリクスなどのキノコ類にもβ-D-グルカンと言う物質があり、これらも免疫力を高めるといわれています。しかしこれらの物質は、身体の必要以上に上げすぎる問題をもっているといわてれいます。
フコイダンの免疫活性化作用は、身体のバランスに必要な分だけ上昇させる働きがあるといわれています。

フコイダンは粘膜免疫を活性化させるちからを持っています。粘膜免疫を活性化させるというのは、体外から有害な物質を取り込まないようにする、粘膜の働きをいいます。
人間の体の周りには、有害な物質が取り巻いていますが、それを取り込まないために、皮膚と粘膜が保護しています。そのなかでも、粘膜はとても薄い膜なのに細菌やウィルスを排除しています。これは、粘膜に精密なシステムが存在するのです。
フコイダンは、この粘膜免疫を活性化する力を持っています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果測定実験2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとフコキサンチン  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。