Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとフコキサンチン

スポンサードリンク

フコイダンとフコキサンチン

生物の細胞の中にある核には、核酸が存在しています。その核酸にはDNA(デオキシリボ核酸)とRNA(リボ核酸)があります。
これら、DNAとRNAは細胞の分裂、成長、エネルギー生産、死滅までのすべてをコントロールしています。
これら核酸は肝臓で作られる方法と、食物から摂取再合成される方法の二種類がありますが、年齢を重ねると肝臓で核酸を製造する力が衰え、異常細胞つまりがんの元の再コピーを許す原因ともなっています。
フコイダンに含まれる、フコキサンチンは異常細胞の死滅誘導の作用と共に、細胞核再生作用という力も併せ持ちます。メカニズムとしては、核酸とそれが酸化した尿酸が、体内に入って活性酸素をジョ供するというものです。尿酸は以前は、通風の元だといわれていましたが、最近ではこのような働きが発見されました。
特にすい臓がんと卵巣がんには核酸がかかせないものといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと免疫力  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとがん患部  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。