Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがん患部

スポンサードリンク

フコイダンとがん患部

フコイダンについてよく言われることがあります。それは、直接患部に接触しなければ効果がないのでは?ということです。
フコイダンは、喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などのがんに効果が見られるということが判明しています。
これらは、フコイダンが直接がんに触れていると思われる部分です。
それ以外の部分のがんの場合は、フコイダンが直接触れないので、効果が期待できないといわれていました。
これを克服するため、フコイダンの分子を低分子化する方法が提唱されています。つまりフコイダンの吸収力を高めて、患部へ行き届かせるという発想です。

低分子化されたフコイダンについては、商品化もされておりその効果について、低分子フコイダンを摂取すると患部が熱くなるという意見があるそうです。これは、フコイダンをがんが吸収していることを示しているとされていますが、まだ意見の範囲を出ていません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとフコキサンチン  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはがんにダメージを与える  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。