Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンはがんにダメージを与える

スポンサードリンク

フコイダンはがんにダメージを与える

フコイダンは副作用が大きい抗がん剤に比べて、正常な細胞に対しては全くダメージを与えることがなく、悪いがん細胞だけを攻撃し、身体への害がまったく心配ないというのは大きな特徴のひとつです。
多くの抗がん剤は、がん細胞に対して作用すると同時に、正常な細胞を傷つけることが多いといわれます。
しかも、抗がん剤の種類や、患者さんの体質、がんの状況によっては効果が認められないことすらあるようです。

フコイダンは魔法の薬ではありません。フコイダンのみでがんは完治できないと思われます。しかし、様々ながん治療のなかで、免疫療法を含む代替治療として、フコイダンを選ぶことは有効だと思われます。まだまだ未知の部分が多く、確証の無い部分もあるフコイダンではあります。
しかし、フコイダンはがん治療の方向性にひとつの道筋をつけてくれることでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとがん患部  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・低分子が良い理由5  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。