Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンとがんと免疫力効果について

スポンサードリンク

フコイダンとがんと免疫力効果について

フコイダンががんの治療に使われるようになった最近のことです。
タカラバイオ研究所株に注目が集まり高騰するという現象がありました。
フコイダンには抗腫瘍作用があると、タカラバイオ研究所で発表した実験結果が関係した現象で、フコイダンを元とする、がんの特効薬の開発への期待感から株価高騰につながったものと見られます。
フコイダンが特効薬としてがんに効くとするのは、マウスの実験結果に過ぎず、臨床試験を経てない状況では早急で疑わしいという声もあります。
フコイダンをとることによって、食欲を回復した患者や、元気を取り戻す患者が、懐疑的な声とはまた別に医療現場から数多く報告されています。
フコイダンは、統合医療が上手に行われるために、未だ臨床段階で金額の高さなどから、一般化しにくいという側面があり、臨床例を多く得るにはまだ壁があるといえるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアレルギー  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力効果  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。