Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンのがんに対する効果とは?

スポンサードリンク

フコイダンのがんに対する効果とは?

フコイダンが、がんに対する効果…つまり抗がん作用をもった成分として おおきな注目と期待を集めることになった大きなターニングポイントは、1996年に開催された【第55回日本癌学会】とされています。
ここでは、
「フコダインは、正常細胞にほぼ影響を与えず、がん細胞だけをアポトーシス (細胞の自然崩壊)させる作用がある」という研究成果が発表されたのです。
フコイダンには、直にがん細胞にアポトーシスをうながす作用があり、がん細胞の増殖を止め、がん細胞を自然崩壊へ導いてしまう作用があるといわれています。
フコイダンのアポトーシス作用が大きく取り上げられ、がん撲滅への大きな期待がかかった時でもありました。

フコイダンのこの効果は、その後様々なところで研究が重ねられており、良好な結果が得られたところも数多くあると報告されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの血管新生抑制効果2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがん転移抑制効果とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。