Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンのがん転移抑制効果とは?

スポンサードリンク

フコイダンのがん転移抑制効果とは?

フコイダンにはがんの転移を抑制する効果があるとされています。
がんはよく転移するとされていますが、がんにも発生した箇所により、転移する場所に一定の傾向が見られるそうです。

フコイダンは、がんが転移しようとする臓器にバリアをはるという効果があるとされているのです。
前述のようにがんは、転移する先を選ぶという傾向があり、がんは転移する箇所を探しながら体を巡回するそうです。0.1ミリ程度の大きさに育ったがん細胞は、すでに転移することが可能になり、体を巡っていたがん細胞は転移先を見つけると、その臓器へ張り付こうとします。そして、その臓器に進入していきます。

フコイダンは、臓器を覆いこのがん細胞が張り付くことを阻止する効果があるといわれています。
フコイダンに接着を阻止されたがん細胞は、その後定着する場所を失い体外に排出されてしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのがんに対する効果とは?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果と沖縄県  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。