Top >  フコイダンとがんの関係 >  フコイダンの新生血管抑制作用

スポンサードリンク

フコイダンの新生血管抑制作用

フコイダンは新しい血管を作ることを抑制する作用が認められています。
実は、がんなどの異常細胞は多くの栄養を必要とします。そのため、栄養を大量に取り込むため細胞の周りの血管に働きかけ、新しい血管を細胞内に引き込もうとします。がん患者さんが、通常の食事量を取っていても、やせ細っていることが良くありますが、これは、それら異常細胞に栄養を横取りされているからなのです。
その異常細胞が栄養を横取りする入り口が新生血管なのです。
そして、その新生血管を抑制する作用が、フコイダンには認められるのです。

フコイダンは、このがんなどの異常細胞につながる新しい血管を作らせません。
そのため、異常細胞の内部に栄養が届かなくなり、大量の栄養を必要とする異常細胞は内部から壊死していくことになるのです。これは、よくがん細胞の兵糧攻めに例えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの形状  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン・高分子がよい理由1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。