Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンの効果の元1

スポンサードリンク

フコイダンの効果の元1

フコイダン(Fucoidan)とは、コンブ、ワカメ、モズクなど多くの方におなじみの海藻類が持っている、ヌメリ成分の一つなのです。フコイダンは乾燥したときの重さの約4%程度含まれています。
フコイダンを含むヌメリ成分は、海藻が潮の流れから身を守るための柔軟性を作り出しています。また、微生物に食べられないためのバリアの役割を果たしているのもフコイダンなのです。
フコイダンを含むこのヌルヌル成分は、実は海藻にとって自分の身を守るために、無くてはならない不可欠ともいえるものなのです。
フコイダンの、分子構造としては「フコース」と呼ばれる糖に、硫酸基が結合したものが、さらに数多く連結したもので、その総称としてフコイダンと呼ばれています。フコイダインは、フコダインとよく間違われますが、これは間違いではなく呼称の違いなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効果一覧  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果の元2  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。