Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンとピロリ菌

スポンサードリンク

フコイダンとピロリ菌

フコイダンはピロリ菌が胃の表面の粘膜に結びつくのを邪魔する働きがあります。
これは、ピロリ菌には硫酸基に吸い付く性質があるためです。そこでフコイダンを摂取した場合、フコイダンの中に多く含まれる硫酸基に、ピロリ菌がくっついて体外へ排出されることになります。

フコイダンの効能としては慢性胃炎の原因菌であるピロリ菌が胃壁に浸入するのを防ぐと共に、排出も行います。
また、硫酸基は胃粘膜にも多く含まれています。この硫酸基を多く持っているのが、フコイダンです。
ですので、フコイダンは胃を保護する働きがあり、胃の中のバリア機能を高める作用もあります。
このフコイダンの作用で胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎などの潰瘍の修復も行うことができるという研究結果も出ています。 このように、フコイダンは胃潰瘍の治療薬としても期待がされているようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子がよい理由1  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの現状  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。