Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンとアポトーシス作用

スポンサードリンク

フコイダンとアポトーシス作用

フコイダンの大きな特徴といえる、アポトーシス作用。
アポトーシス作用とは、細胞は、ある時期が来ると細胞が自ら自殺してしまうというプログラムを持っています。しかし、このプログラムが働かない細胞が発生することがあります。これが異常細胞=がんとされます。
がん細胞は、自殺プログラムが働かないため、ほっておくと、分裂して増殖してゆきます。
フコイダンには、この増え続けるがん細胞のアポトーシスのスイッチをオンにし、
自然にがん細胞を死滅へと導いてゆきます。

フコイダンが他のがんに効果があるといわれる物質と根本的に違うところが、がんに直接作用するという面です。アガリスクにはこのアポトーシス作用は認められませんでした。
また、フコイダンが、アポトーシスのスイッチをオンにするのは、がん細胞に限られているということも特筆すべき点です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・高分子が良い理由3  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの成分  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。