Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンの効果概要

スポンサードリンク

フコイダンの効果概要

フコイダンを使った療法では、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、抗ウイルス・抗菌作用、抗ピロリ菌、抗炎、肝機能向上、血圧上昇抑制、便通促進、コレステロール低下作用、受精阻害作用、などの作用を持っていることが報告されています。
様々な作用を持つフコイダンですが、基本的には人間が本来的に持っている免疫力を、強化増強する作用が確認されています。また、特別な作用としては、悪い細胞や古い細胞を死に至らせる、アポトーシスという作用をフコイダンが持っていることも確認されています。

一方では、フコイダンは水溶性食物繊維なので便通を促すこともあります。また、フコイダンの食物繊維としての効能として、コレステロールの排出、血糖値の急激な上昇を防止なども期待できます。

また胃潰瘍の原因となるピロリ菌にフコイダンが取り付き、胃の表面の粘膜とピロリ菌の結合を邪魔する働きもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの高分子と低分子どちらがいいのか概要  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと硫酸基1  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。