Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンと免疫について

スポンサードリンク

フコイダンと免疫について

フコイダンには、免疫性を高める作用があるといわれています。しかし、抗原(自分に害となる外から入ってきた異物)のあるなしに関係なく免疫機能を増強させることは問題があり、無差別に攻撃を仕掛ける免疫増強は、体にとっては決してよいものとはいえません。

しかし、昆布に含まれるフコイダンには、必要に応じて免疫力を増強し、必要のないときは免疫力増強をしない、もしくは抑えるという機能があることがわかりました。これは、免疫のバランスを調整するという画期的な機能です。
フコイダンのこの作用を、免疫バランスの崩れた状態である、花粉症に応用することが考えられています。
花粉症というアレルギーは、免疫力が活性化されすぎてIgE抗体が過剰に生産されるため起こります。
実験で、人工的にIgE抗体を過剰生産させたマウスにフコイダンを投与すると、IgE抗体の現象が確認されたそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアミノ酸  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとタラソテラピー  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。