Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンと血液

スポンサードリンク

フコイダンと血液

フコイダンの食物繊維は、水溶性の食物繊維です。これは、水を包み込む形で便を柔らかくし、同時に発酵して腸を刺激し便通を促します。
食物繊維の効能として他に、コレステロールの排出、血糖値の急激な上昇を防止などがあります。
塩分を取りすぎると、体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れ、血液や細胞中のカルシウム濃度が上がります。この影響で血管が収縮して血流が悪くなり、血圧の上昇を招きます。フコイダンは、小腸で大量のナトリウムと結びつき、便として体外に排泄されるため、血圧上昇を抑えると考えられています。

他にも血液中にはヘリパンという血液を固まりにくくする物質があり、ヘリパンが多いと、血液はサラサラになり、その結果、血圧も下がり、血栓もできにくくなります。フコイダンはヘパリンと同じような働きをすることが報告されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとタラソテラピー  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアポトーシス  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。