Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンとアポトーシス

スポンサードリンク

フコイダンとアポトーシス

フコイダンはアポトーシス効果を持っています。アポトーシスとは、不要となった細胞が自ら死に行くという現象で、老化して不要になった細胞や体に危険をもたらす細胞は、体内から排除するという細胞にある遺伝子プログラムのことをさします。
人間の体の細胞は全体で約60兆個もあり、一日約3000個以上もの以上の細胞が死に、そして生まれ変わります。ところが、なんらかの原因で遺伝子プログラムにミスが発生してしまったり、発がん物質・活性酸素・放射線など様々な理由で細胞に傷がつき間違ったプログラムで、異常分裂を始めてしまった細胞はアポトーシスしなくなりどんどん増殖を始めてしまいます。これががんの始まりです。

フコイダンはこの異常細胞を死に追いやる作用があるといわれています。これをフコイダンのアポトーシス作用といいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと血液  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと新生血管抑制作用  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。