Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンと新生血管抑制作用

スポンサードリンク

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの働きで、新生血管抑制作用というものがあります。これは、がんという異常細胞が増殖するときに関係する作用です。がんは、増殖するときに自らの栄養を取り入れるため勝手に自分の近くに新しい血管を作り出します。
その血管を作ることを抑える作用が、フコイダンにはあるといわれています。

がんはその増殖の際に、大量の栄養を必要とします。そのためがん患者は自分に必要な栄養をがんにとられてしまい、痩せてしまうのです。がんはその栄養を得るために自ら血管を張り巡らします。またがんは、その血管を通じて全身に転移をしてゆきます。またこの新生血管ができた時点から急激にがんが成長することが認められています。
フコイダンはその血管を作らせないように作用し、がん細胞内部へ栄養を運ぶルートを阻止、がん細胞の成長を留めるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアポトーシス  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫抑制  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。