Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンの機能・抗ピロリ菌

スポンサードリンク

フコイダンの機能・抗ピロリ菌

フコイダンを使った療法では、がん治療を目的とした抗腫瘍作用が有名ですが、他にもアレルギー対策や、抗ウィルスさようなどが報告されています。このように様々な力や機能をもつフコイダンですが、特定の菌に対して効果が認められているものがあります。それは、ピロリ菌といわれるものです。
ピロリ菌とは、胃炎や胃潰瘍の原因となる菌で、多くの日本人が保有していると言われています。フコイダンは硫酸基を元としていますが、ピロリ菌は硫酸基に吸着する性質があります。そのため、フコイダンはピロリ菌を吸着したまま体外へ排出される効果があるのです。また、フコイダンがピロキンを吸着するため、胃の表面の粘膜とピロリ菌の結合を邪魔する働きもあります。
フコイダンはその上に、粘膜免疫を活性化する力を持っているため、胃のみならず十二指腸などの潰瘍の修復にも一役買うようです

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと食物繊維  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンが影響する免疫活性化  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。