Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンの抗アレルギー作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗アレルギー作用

フコイダンの抗アレルギー作用に関しては I型アレルギー起因物質であるIgEの産生系をフコイダンは抑制すると考えられています。
IgEとは、免疫グロブリンとよばれる血清のタンパクのひとつで、何かの異物が身体に入ってきたときに身体が異物を迎え撃つための身体の対応策です。
IgE抗体は、即時型のアレルギー反応の原因となっている抗体で、血液中に多くある(抗体値が高い)ほど、アレルギー反応を起こしやすい=アレルギー体質と考えられています。

フコイダンの抗アレルギー作用は、アトピー性皮膚炎だけでなく花粉症等にも効果があったという事例の報告があります。また、フコイダンの反復投与を行うと、効果上昇が認められるという報告もあります。
しかし、フコイダンの抗アレルギー作用は、まだ現在くわしい研究が進んでいる状態です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン・低分子が良い理由2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの形状  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。