Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンの抗ピロリ菌効果

スポンサードリンク

フコイダンの抗ピロリ菌効果

フコイダンは水溶性の食物繊維です。
フコイダンの効果として、フコイダンのもつ食物繊維が水を包み込む形で便を軟らかくし、同時に発酵し腸を刺激し便通を促します。他のフコイダンの食物繊維効果としては、コレステロールの排出、血糖値の急激な上昇を抑制するなどの効果があり、高脂血症、動脈硬化、糖尿病など成人病にも効果が期待できます。

フコイダンの性質は一方では、ピロリ菌の表面にフコイダンが隙間無く囲み、ピロリ菌が胃の表面の粘膜と結びつくことを阻止する働きがあります。ピロリ菌は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎の原因菌でもあります。
フコイダンは、このピロリ菌が胃壁に侵入するのを防ぐ効果と同時に、潰瘍の修復も行なうといわれています。このためフコイダンは、胃潰瘍の治療薬としても期待がもてるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの強力な抗酸化効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果一覧  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。