Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダン効果と肝臓

スポンサードリンク

フコイダン効果と肝臓

フコイダンは肝臓の機能を向上させる可能性が今研究されています。

肝臓は体内に取り込まれた栄養素を、体で使える栄養素に合成したり、脂肪分を分解し胆汁を産出、アルコール分を分解し、有害物質の除去等など合計500以上の働きをしている大切な臓器です。

フコイダンの種類の1つF-フコイダンには、HGFの産生を促進する作用があることが確認されています。HGFとは、たんぱく質でできた肝臓の細胞を増殖させる因子だとされています。肝臓は重要な臓器のため、他の臓器よりも再生能力が高いのですが、その際に必要な因子がHGFだとされているのです。
F-フコイダンはそのHGFの生成を助けるといわれているのです。

また、HGFは肝臓だけでなく他の細胞でも発見されています。このことにより、F-フコイダンを摂取する事でいろいろな細胞の再生や修復を助ける効果があると考えられてます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン効果を応用するクリニック  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと昆布  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。