Top >  フコイダン・その効果 >  フコイダンと昆布

スポンサードリンク

フコイダンと昆布

フコイダンが多い海藻はもずくだとされていますが、その次にフコイダンを多く含むものは昆布です。
フコイダンを多く含む昆布は、古くから日本で食されてきた食材でもあります。昔は琉球経由で中国への貢物として贈られていたそうです。その中国では長寿の食べ物として扱われていたそうです。仏教の普及はその教義から動物性の出汁を取れない、僧侶の間で広まり、後に庶民へも広がっていきました。

フコイダンを多く含む昆布は、戦後は食の欧米化で需要が減ってきていましたが、最近の健康ブームにも乗り、海藻の健康効果が知れ渡ったため、海藻・昆布の需要が最近ではまた伸びてきました。中でも昆布にはフコイダンのほか、アルギン酸、ラミニン、ビタミン・ミネラルを豊富に含むため健康効果が高いといわれています。

食材としても利用しやすいので、他にフコイダンを多く含むもずくやわかめ、ひじき、のり、寒天などと共に摂取しましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダン効果と肝臓  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと高血圧  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

  • seo
このページについて

このページは「フコイダン効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。